【ベスト16の対戦相手は?】チャンピオンズリーグ第6節 PSV vsアーセナル 【マッチレビュー】

【アーセナルの試合を毎節レビュー】

フットボールの母国・イングランドに、
人々を惹きつけてやまないクラブがあります。

そのクラブの名は、アーセナルFC。

アーセン・ヴェンゲル氏が築き上げた栄光の時代から、
希望の見えない闇の時代を耐え抜き、
ヴェンゲル氏の系譜を継ぐアルテタ監督のもとで
再び黄金時代を迎えようとしています。

躍進と失速を味わった昨シーズンから、
再び頂点を目指すアーセナルの試合を、
当ブログでは毎節自由にレビューしていきます。

ヴェンゲル政権末期からのグーナー達に救いあらんことを。

【試合結果:1-1のドロー】

UEFA.com

PSV vs Arsenal: All the latest UEFA Champions League Group s…

チャンピオンズリーグ公式サイトより

すでにグループリーグ首位通過を決めているアーセナルは、
サブメンバーを主体にPSV戦に臨みます。

GKはラムズデールが起用され、
DFラインはセドリック、サリバ、ガブリエル、キヴィオル。

中盤にはエルネニー、ジョルジーニョ、トロサール、
前線はネルソン、ハヴァーツ、エンケティアが並びます。

試合はプレースピードの速いPSVがたびたびゴールチャンスを作るも、
ラムズデールの好セーブもあり、
アーセナルは耐え凌いでいきます。

得点が生まれたのは42分。

右サイドのネルソンからパスを受けたエンケティアが、
左足で鋭いシュートを放ってネットを揺らします。

エンケティアのゴールで先制したアーセナルは、
ハーフタイムでの交代なく1-0で後半へ。

一方のPSVは縦に早いプレーでチャンスを作ると、
フェルテセンのゴールで同点に追いつきます。

1-1とされたアーセナルは、
61分にエルネニー→ウーデゴール、
セドリック→ライス、
サリバ→ホワイトの交代を実施。

ライスをCBに置く布陣を試しつつ、
あくまでも勝ちに行くアルテタ監督ですが、
勝ち越し弾が生まれないまま時間が過ぎていきます。

89分にはハヴァーツ→スミス=ロウ、
エンケティア→ジェズスの交代を行いますが、
最終的に試合は1-1のままドローで終了しました。

トピック① 選手起用はどうだったのか

今回の試合については、
試合内容よりも選手起用がトーキングポイントに。

過密日程の中での消化試合のため、
どの程度ローテーションを行うのかに注目が集まっていましたが、
サリバとマガリャンイス、ハヴァーツなどはスタメンに名を連ねました。

ユース所属のDFロイエル・ウォルターズなどもいる中で、
サリバとマガリャンイスがスタメン起用されたことは、
今のDFラインのスカッドの薄さを考えるとややリスキーだった
といえます。

さらに議論を呼んでいるのは、
途中交代でウーデゴールやジェズスなどが起用された点。

せっかく結果を問われず休養できる試合でも
スタメンクラスの彼らを使っていくのは、
12月の厳しい日程を乗り越えていくという意味で、
負う必要のないリスクだった
といえます。

捨てるべき試合はないというのは全くその通りですが、
現実的に割り切る部分や、
ヌワネリなど将来ある選手のプレータイムなど、
柔軟性のある試合運びが見たかったようにも感じました。

選手起用の方針はチームとしての層の厚さにもかかわる部分のため、
今後もアルテタ監督の起用法に注視していきたいと思います。

トピック② グループリーグ突破

さて、首位通過を決めているアーセナルですが、
次は7シーズンぶりのベスト16の舞台が待っています。

RCランス戦に敗れた際は不安でしたが、
セビージャが監督交代などで混乱していたことにも助けられ、
最後にはローテーションも行えるほど余裕をもって通過でき、
クラブの長期的なプランの成功を感じさせる結果となりました。

また、決勝トーナメントに進む16チームも確定しています。

プレミアリーグではアーセナルとシティが通過した一方、
ニューカッスルとマンチェスターユナイテッドが敗退。

厳しいグループだったニューカッスルはともかく、
ユナイテッドは残念な凋落ぶりとなっています。

スペインが4チーム、ドイツ・イタリアが3チーム突破のため、
どこぞの赤いチームのせいで、
プレミアリーグ全体としては悔しい結果になったといえるでしょうか。

ラウンド16の組み合わせは18日に決定するそうですが、
果たしてアーセナルがどのチームと当たることになるのか、
非常に楽しみなところです。

現在の立ち位置と次の試合(日本時間)

チャンピオンズリーグ公式サイトより

アーセナルとPSVが通過する結果となったグループB。

CLベスト16の試合は2月ですので、
12~1月はプレミアリーグに集中していきましょう。

プレミアリーグ第17節 アーセナルvsブライトン【12月17日(日)23:00 KO】

三苫薫を擁するブライトンとの一戦。

ブライトンはけが人続出の中、
マルセイユに勝ってELのグループリーグ首位通過を決めていますが、
日程的にはアーセナルが有利です。

冨安は負傷中のため日本人対決は実現しないでしょうが、
リバプール戦に向けて勢いが付く勝利を期待しています。

プレミアリーグ第18節 リバプールvsアーセナル【12月24日(日)2:30 KO】

現時点では首位争いとなる一戦。

今シーズンのタイトルレースを考えると、
難所であるアンフィールドといえども、
勝ち点3は渡したくない試合です。

昨シーズンはホームで勝利、
アンフィールドでもドローと結果を残していますが、
果たしてどうなるでしょうか。

前の試合の結果(プレミアリーグ第16節)

カルペディ!

目次 1 【アーセナルの試合を毎節レビュー】2 【試合結果:1-0の敗戦】3 ト […]…

次の試合の結果(プレミアリーグ第17節)

カルペディ!

目次 1 【アーセナルの試合を毎節レビュー】2 【試合結果:2-0の勝利!】3 […]…