【マッチレビュー】プレミアリーグ第19節 アーセナルvsニューカッスル 【よみがえった古豪】

アーセナルの試合を毎節レビュー

当記事をお読みいただきありがとうございます。

このブログでは、
ヴェンゲル政権末期からのグーナーが、
プレミアリーグでのアーセナルの試合結果を
毎節レビューしていきます。

忙しくてなかなか試合をフルで観られない人でも、
この記事を読むだけでアーセナルのトピックスがフォローできますので、
ぜひご一読ください。

今回の試合は、
2022-23シーズン・プレミアリーグ第19節、
アーセナルvsニューカッスルです。

試合結果

スタメン・試合結果詳細は以下リンクから。

Read about Arsenal v Newcastle in the Premier League 2022/23…

前節、三苫薫を擁するブライトンに、
苦しみながらも高い攻撃力で勝利したアーセナル。

2位につけるシティと7ポイント差をつけた状態で、
3位のニューカッスルとの試合を迎えます。

ニューカッスルは前節リーズと引き分けていますが、
今シーズンはまだ1敗と非常に手強い対戦相手です。

優勝争いの行方にも影響する、
上位対決が始まります。

前半

アーセナルはこの試合も前からのプレッシングを仕掛け、
徐々にニューカッスルを押し込んでいきます。

4-5-1で守るニューカッスルの守備は
非常によく統率されていて、
特にトーマスを起点にさせないよう警戒していました。

またニューカッスルはアーセナルの攻撃の主軸になる
サカ、マルティネッリによる両サイドからの仕掛けにも
人数をかけて対応しており、
アーセナルは決定的なチャンスを作ることができませんでした。

またこの前半だけで
両チーム合わせて5枚のイエローカードが出て、
(アーセナルはエンケティア、ウーデゴール、ジャカの3人)
カードにも配慮する必要がある後半を迎えます。

後半

ハーフタイムでの選手交代はなく、
試合は後半へと突入します。

後半のアーセナルは前半よりも
両サイドをバランスよく使って攻撃をしかけ、
ニューカッスルの守備ブロックに綻びを生じさせます。

前半よりも決定機も増したものの、
ニューカッスルのGKポープの好セーブもあり、
アーセナルはニューカッスルの牙城を崩すことができません。

終盤の88分、90分+5分には
ニューカッスルのハンドかというシーンがありましたが、
アルテタの必死の抗議もむなしくPKの判定は下らず。

試合は最後まで得点が生まれることはなく、
0-0での引き分けとなりました。

試合のトピックス・注目ポイント

トピック① 復活した古豪・ニューカッスル

この試合、
アーセナルはニューカッスルの堅守に
かなり苦しまされました。

ボール支配率は66.8%、シュート数17本と
アーセナルの攻勢がスタッツにも表れていますが、
枠内シュートは4本と物足りない結果でした。

アーセナルの攻守の要であるトーマスを
出足鋭いMFギマランイスを中心にケアしていたこと、

サカ、マルティネッリの両ウィングに
2人以上で抑えに行く守備を徹底していたことなど、

ニューカッスルの守備力・組織力の高さが
この試合で際立っていました。

この試合のニューカッスルは
守備だけでなく攻撃面の脅威も感じさせて、
ニューカッスルがここまで1敗のみである所以を、
まざまざと見せつけるような内容だったと思います。

エディ・ハウ監督の手腕を称えたいところですが、
アーセナルにとっては大きな脅威であることを
改めて再認識させられる試合となりました。

まだ残っているアウェー戦が
非常に難しい試合になる
ことが予想されますので、
冬の移籍市場でのテコ入れも含め、
今後の動き方を注視していく必要がありそうです。

トピック② 戦術的オプションが欲しい

さて、今後の動き方という点で
非常に大きな課題となってくるのは、
アーセナルの戦術的オプションの少なさです。

局面を変えることができる選手、
とくに得点が欲しい場面で投入できる選手が、
今のアーセナルには不足しています。

選手が不足しているというよりも、
サブの選手たちが
アルテタの信頼を得られていないのかもしれません。

実際、ベンチには
ヴィエイラやマルキーニョスらがいましたが、
この試合でアルテタが途中投入したのは
76分の冨安のみで、
攻撃的な交代ではありませんでした。

スタメン組との差と考えると、
彼らを投入しにくいのも理解できますが、
出場機会がなければその差は大きくなる一方です。

今いる選手たちを信頼して
もっと出場機会を与えるのか、
信頼できる即戦力級の選手を獲得するのか。

今後は攻撃的なオプションの有無が
勝ち点に大きく影響しますので、
アルテタの判断が非常に気になるところ。

まず冬の移籍市場での動きに注目が集まります。

トピック③ レフェリーの問題

ハイレベルな試合にあって、
残念だったのがレフェリングでした。

この試合の主審はアンディー・マドレー。

両チーム合計10枚のイエローカード
エリア内でのハンドやファールの見逃し、
プレー時間に対して短いアディショナルタイムなど、
ツッコみポイントが数多くありました。

ニューカッスル側からするとラッキーですが、
アルテタのフラストレーションにも共感できるような、
アーセナルにとってアンラッキーなレフェリングでした。

現在の立ち位置と次の試合(日本時間)

プレミアリーグ公式サイトより

さて、アーセナルがニューカッスルに引き分けたあと、
シティがアウェーのチェルシー戦に勝利していますので、
勝ち点差が5pに縮まっています。

アーセナルはウェストハム、ブライトンに勝利、
ニューカッスルに引き分けと、
W杯後の年末年始の過密日程は
2勝1分けという結果になりました。

これをうまく切り抜けたとみるか、
ニューカッスルに勝ち点2を落としたとみるか、
見方が分かれそうな結果ではあります。

ともあれ、
FAカップはあるものの次のリーグ戦まで
しばらく期間が空くことになります。

次節はアーセナルとトッテナムのノース・ロンドン・ダービー、
さらに好調ユナイテッドとシティとのマンチェスター・ダービーがあり、
上位争いが非常に面白くなっている展開ですので、
休養十分で臨んでほしいと思います。

FAカップ3回戦 オックスフォードvsアーセナル【1月10日(火)5:00 KO】

FAカップ3回戦の対戦相手は
フットボールリーグ1(3部相当)に所属する
オックスフォード。

ここはローテーションで
サブ主体の試合になることが予想されます。

いまひとつアルテタの信頼を得られていない
サブ組の選手たちにとって、
存在をアピールする大きなチャンス
になるはずです。

チーム全体の底上げのためにも、
実りある試合となってくれることを期待しています。

プレミアリーグ第20節 トッテナムvsアーセナル【1月16日(月)1:30 KO】

今シーズン2度目のノース・ロンドン・ダービーです。

昨年10月の対戦ではトーマス砲が炸裂したり、
ジャカがMOMに選ばれる活躍を見せたり、
最高の形で3-1の勝利を収めています。

一方、スパーズは18試合を終えて5位につけており、
直近ではクリスタルパレスに4-0と大勝しています。

ヴィエラ監督の仇討ちの意味も込めて、
アーセナルにとってはmust-winな試合になります。

移籍市場での動き
スミス=ロウの復帰などの続報を待ちつつ、
試合を楽しみにしたいと思います。

アーセナルファンにおすすめの書籍

現在のアーセナルの土台を築いた、
アーセン・ヴェンゲル。

彼の功績を知ることで、
アルテタ監督が率いる今のアーセナルを
もっと深く理解することができます。

アーセナルファンなら必読ともいえる書籍をご紹介しますので、
興味がある方はぜひ以下リンクより手に取ってみてください。

アーセン・ヴェンゲル自伝 赤と白、わが人生 [ アーセン・ヴェンゲル ]

価格:1,870円
(2022/9/2 22:56時点)
感想(1件)

アーセン・ヴェンゲル アーセナルの真実【電子書籍】[ ジョン・クロス ]

価格:1,980円
(2022/9/2 22:56時点)
感想(0件)

プレミアリーグ第18節の結果はこちら

プレミアリーグ第20節の結果はこちら

カルペディ!

目次 1 アーセナルの試合を毎節レビュー2 試合結果2.1 前半2.2 後半3 […]…